2004年12月07日

ノーパン・ノーブラ#2

えっと、前回書いた『ノーパン・ノーブラ』

結局 ナニが言いたかったかって言うと…


僕にとっての ノーパン・ノーブラは 羞恥は羞恥でも
ブラを着けていない パンツを穿いていないっていう部分の羞恥ではなく
もう少し違った角度で、結果として羞恥になるっていう感覚。

例えば
ノーパンにミニスカートなら
見えてしまうかもしれない、
誰か気付いたかもしれない…
どうしよう… 恥ずかしい…
そして、この手の行為に不慣れな女性ならば
特にミニスカートじゃなくても
「着けていない」「穿いていない」
それだけで じゅうぶんな羞恥になると思う。

でも、僕にとっての ノーパン・ノーブラは
『オモチャを装着してお散歩する』
って言うのと 同じ位置付けにあったりする。

それは結果として羞恥になるという事であって
本来の目的は 『堪える』『耐える』という表情を
じっくりと観察する事が目的だったりw
だから スカートのような
股間がフリーになる履き物ではなく、
ジーンズのようなゴワゴワした履き物をチョイスする。
出来る事なら股上の浅いローライズは最高だったりw

どう言う事かっていうと、
仮にオモチャを装着して散歩したとする。
でも、それだけだと異物感が股間にあるだけで
然程羞恥云々って言う感覚は無いと思うんだよね。
でも、オモチャを装着してスイッチを入れる。
すると どうなるか?当然気持ちイイよね?
ここでの女性の感覚と考えは おそらくこうだ。

ヤバイ、気持ちイイ… だけど周りには人がイッパイいる…
こんな所で感じている顔をすると絶対気付かれる…
でもダメ… 気持ちイイ… ちゃんと歩けない…

そんな事を考えながら 平静を装おうと
快楽に必死に『耐え』 表情に出さないように必死に『堪える』
その様子を見るのが 本当に楽しいのである。
まま、コレはオモチャを使い強制的に刺激を与えた場合。

ノーパンにジーンズはココまで刺激は強くないし
それほどの期待は望めないので させる相手によるんだけど
要は、ノーパンの股間にデニムのゴワゴワした生地と
丁度股間で合わさった布の縫い目が
立ったり座ったり、歩いたりする時に擦れて刺激される。
それを悟られまいと 堪え、耐えさせるのが目的。

ま、なかなか思い通りには行かないけどね^^;
でも、戻ってから股間を確認すると
言い逃れ出来ないって事の方が多いけどねw
時にはジーンズの上から手を添えただけで
生暖かく湿っぽいのが分かる場合もあったりしてw

え〜、あくまでもコレ 透徹の過去話ですので
「私違う」って場合とかあっても笑って流してやって下さい^^;
posted by 透徹 at 14:38| Comment(2) | TrackBack(1) | Sなコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
させられたんじゃなくて、それが狙いだった訳でもなくって、なんとなく分かります(笑)だって、ほんとに擦れるんですもん(爆)
でもノーブラの方がダメかもです(^_^;)
それはもう・・・
Posted by 素直 at 2004年12月09日 22:33
素直さん>
させられたのではなく、それが狙いでもない…
さては…( ̄m ̄*)プッ

乳首が敏感な人は ノーブラも結構来ますよねぇw
しかも、季節とか、来ている服によっては目視で確認できるしねw
Posted by 透徹 at 2004年12月10日 14:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1220281

この記事へのトラックバック

ノーパンにジーンズ
Excerpt: リンクさせていただいてる「だって好きなんだもん♪」さまの「ノーパン・ノーブラ#2」って記事にトラバさせていただきました。久しぶりな方から電話をもらいました。ブログを読んでくれていて,体調を心配してくれ..
Weblog: ももいろにっき
Tracked: 2004-12-08 18:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。