2005年01月13日

複数プレイ#3

あまりに気持ちよさに 驚いた自分だが
ふとした違和感を覚え 刺激の元を感じ取ると
自分が置かれている状況に気付くまで
然程時間を要しなかった…。

手が4本… 気持ちイイはずである。
いつも僕を快楽の底へと導く指や舌が
いつもの倍あるのだから…。
しかし、自分に襲い来る快楽の波は倍以上。


一体何人いるのだろう…
感じ取れるのは 僕の身体に触れているのが
その時は二人だと言う事だけ。
確認しようにも音が聞き取れない。
後手に縛られ足を押さえられているから動けない…
なすがまま、完全にオモチャ状態の僕。
しかし、あまりの気持ちよさに
それどころではなくなり
流れに身を任せるしかない状態…
何度も寸止めを繰り返され
ただひたすら呻くだけの繰り返し。

暫らくそれが続いた後、
大の字の状態から解放され 立つ事を促される。
そして後ろから支えるように押さえられ、
足を開くようにされ そのまま背後からの乳首攻めと
正面からと思われるフェラ…
しっかりと僕の両腿に手が添えられている…
間違いない… 自分と主意外 確実にもう一人はいる。
しかし、ココまで来ればもう
3Pがどうだとか考える余裕もなく
ただひたすら耐えるしかない状態。
時折 強烈に襲い来る射精感と快楽の波に耐え切れず
膝がガクガクと震えだしその場にヘタリ込みそうになる。
膝が折れそうになると両腿に添えられた手が足を押さえ込み
同時に両方の乳首を強く摘まれ上に引き上げられる…。
射精も許してもらえないばかりか
倒れこむ事さえも許されない…
暫らくすると二人の体勢が変わり、
自分の両側に人の気配がある…
次の瞬間 身体が硬直する。
両方の乳首を同時に舐められている…
そして、ペ○スをしごかれながら
ア○ルにも指が入ってくる。
両側から支えられるように立たされ、
膝が折れそうになると
ア○ルに入れた指で上に持ち上げられる…
その体勢のまま何度も寸止めをされた後
再びベッドに横にさせられる…そして再び大の字に…

仰向けに寝せられた僕の頭の方に人がいる…
僕の広げられた足の間にも人がいる…
頭の方にいる女性は足を開いて座り、
僕の上半身はその女性の開いた
股の間にスッポリ納まっている。
その状態のまま
再びペ○スと乳首に刺激が走る…
今度のペ○ス責めは快楽を促すものではなく
完全なる亀頭責め。
しかも、明らかにぎこちないソレは
主の手ではないことは直ぐに解った。
時折 乳首から手が離れ 何かゴソゴソとしていると
直ぐに的確な亀頭責めへと変わっていく…
あまりの刺激の強さに ただ呻きまくっている僕…
マジ泣きへと変わり 鼻水が流れ出し
呼吸が苦しくなってきた。
ただでさえ鼻呼吸しか出来ないのに(汗)

それを悟ったのかどうかは解らないけど
亀頭責めから一転 激しいシゴキへと変わり
あっという間に射精してしまった…

直ぐに口のラップを裂きテープを剥ぎ
口の中からガーゼを取り出し
どうにか呼吸だけは確保できる状態にされた後
再び 暫らく放置される僕…今度は長かった…
半ば放心状態のまま放置されていた僕だが、
突然、ベッドに人が上がる気配を感じた。
同時に 亀頭を刺激され再び悶絶する…
瞬く間にペ○スは大きくなり
二度目の射精を迎えるのにさほど時間はかからなかった。

その後ようやく 顔に巻かれたラップ、バスタオル
そして耳栓と眼帯から解放された。
あまりに眩しさに目を開けるのに時間がかかったものの
目を開けてから すぐさま部屋を見渡すが
そこには主以外 人の存在はない…
時計を見ると既に4時間近く経過していた…

一体 途中で感じた人の気配は誰だったんだろう…
男性か女性化も解らず、一人なのか二人なのかも解らない…
恐る恐る主に聞くが 絶対に教えてくれない。
教えてくれないというのがなんだか怖い…
というのも、主はたまにリアルなSM関係の
知人の話しを僕に話してくれることもある。
S男性やS女性の事、Sに興味を持ったM女性の事、
複数プレイを望むSMカップルの事、
そして、ゲイのお友達までいるのを僕は知っている(汗)

その日 僕はゲストと挿入行為はしていない。
口も塞がれていたのでキスもしていない。
会話もほとんど聞こえず 人数も性別も不明。
そしてそれから数ヵ月後、主と別れ、とうとう解らずじまい。

願わくば その相手が女性だったと思いたい。
posted by 透徹 at 12:40| Comment(11) | TrackBack(1) | Mなコト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
閉所嫌いな私には、顔をギッチリ覆うのは恐怖です〜。
ぎこちない亀頭責めってことは、
第三者はS慣れしてない女性なのかも知れませんねー。
男だったらもちょっと慣れてそうだし、
ゲイだったら入れてそうだし(爆)
Posted by kaokao at 2005年01月13日 14:34
とうとう解らずじまいだったんですか・・・。

途中から、知らない人の手がきたら私はきっとパニックになってそうです。
あ、でも、気持ちよかったら、パニックにならないかな?
Posted by みぃな at 2005年01月13日 18:08
可能性としては
ご主人様は見ていただけで
ゲストが二人って事も?
( ̄ー ̄)ニヤリ( ̄ ̄ー ̄ ̄)ニヤリ( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤリ

>完全にオモチャ状態
一度体験してみたいなぁ。
実際に堪えられるかは分かりませんが
言葉上は憧れるなぁ。
Posted by 真魚-mana- at 2005年01月14日 00:33
ゲストが二人の展開、熱すぎ。

というわけで、りりの脳内では真魚サンの設定で補完されました(・∀・)わーい。

にしても、透徹サンはすっかりMデスNe.(笑
Posted by りり at 2005年01月14日 17:33
わーい♪
採用された♪
Posted by 真魚-mana- at 2005年01月14日 17:36
kaokaoさん>
閉所嫌いなんですね〜。
だとすれば目隠しだけでも
不安になっちゃうかもしれませんね。
でも、本当に色んなケースが想像できるので
考え出すとキリがないんですよ^^;
どういう約束事だったのかすら謎ですから^^;

みぃなさん>
ダメなものはダメって言うのも当然有りますよね。
今回のケースはたまたま受け入れられたってだけで
例えばオフのときみんなの前でとか言われたら
断固拒否すると思いますし、場合によっては
例え主であってもキレてるかもしれないし^^;
でも、快楽に負けましたw

真魚さん>
そうなの、そういうケースもあるんですよ…
もしくは2カップルとか、見学者もいたとか(汗)
考えれば考えるほど不安になっていく(泪)
って、これが目的だったのか?w

りりさん>
その通りっ! 今はスッカリM化しております^^;
厳密に言えば両方出来ます〜 ってだけなんで
どっちも出来なきゃダメ!って事じゃないのでw
ほら、僕快楽先行型の単なるヘンタイですから^^;
Posted by 透徹 at 2005年01月14日 18:01
さすがですね
透徹さんはすごいっマゾですね!
褒め言葉ですよ('-'*(,_,*('-'*(,_,*)ウンウン
Posted by ゆきじる at 2005年01月14日 20:35
ゆきじるさん>
いやぁ、すっごいですか?^^;
ってか、褒め言葉ですか?w
でも、根本的にヘンタイなので
やっぱ素直に嬉しかったりw
でもね、逆にSの時も同じくらい
ヘンタイ街道まっしぐらなんですよ♪
Posted by 透徹 at 2005年01月14日 21:50
うきゃーーーー!
そんなんやりたいわぁ。
も・ち・ろ・ん、アタシがする方よ。(* ̄ー ̄)y-~~~

Posted by Vamp at 2005年01月22日 22:51
vampさん>
ぎょえぇぇぇぇ(((((((((TロTノ)丿
いや、やるのは構わんのですが、
問題はもう一人が誰か?って話です^^;

オトコはイヤだぁ(泪)
Posted by 透徹 at 2005年01月24日 18:56
σ(・ω・me)もやりたい
Posted by mr。ゴンザレス at 2005年10月04日 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

鳥取県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 鳥取県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-08-01 05:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。